LIFE STYLE

[コストパフォーマンス抜群]ワークマンのランニングシューズが驚きの性能だった

これが2,900円!驚きの性能を秘めた超コスパ最高のシューズに出会ったぞ!

ワークマンで販売中の2,900ののランニングシューズ「アスレシューズハイバウンスオーバードライブ」。

すごく好評だという話を聞いたので、実際に購入してランニングをした結果、驚きの数字を叩き出しました。

私自身はランニング歴5年ほどでフルマラソンの経験は4回。月間走行距離は100~140kmでフルマラソンは4時間10分ほどのランナーです。

そんな私がワークマンのランニングシューズを履いて走った感想をレビューします。

こんな人にオススメ

  • ワークマンのランニングシューズが気になる人
  • ランニングに興味のある人

ワークマンのランニングシューズ
「アスレシューズハイバウンスオーバードライブ」

今回、購入したランニングシューズはワークマンの「アスレシューズハイバウンスオーバードライブ」というシューズです。

価格は驚きの2,900円。もう安すぎてランニングシューズとしては不安に感じるレベルです。

ランニング結果

私のランニングは曜日によって距離を変えています。主に5.5kmのコースと10kmのコース、15kmのコースの3種類です。

今回は5.5kmのコースを走った結果を紹介します。

ちなみに普段はアシックスのLYTERACERを履いています。

シューズLYTERACERワークマン標高差
日付10月20日10月25日10月30日
1km5分22秒5分27秒4分58秒14m
2km5分31秒5分23秒5分9秒12m
3km5分16秒5分17秒5分0秒-13m
4km5分2秒5分5秒4分52秒-9m
5km5分1秒5分14秒4分57秒11m
5.5km4分57秒5分1秒4分57秒-15m
タイム28分34秒29分3秒27分42秒
平均ペース5分13秒5分17秒4分59秒
計測アプリ「Nike Run Club」

なんと驚くことに平均ペースで1kmあたり10秒以上速くなっていました。

最初の1kmで少しペースが速いかもって思いましたが、まさか最初の1kmで5分を切るとは思いませんでした。

ポイント

平均ペースが1kmあたり10秒以上速くなった。

履き心地について

いまのランニングシューズの主流は厚底シューズになりつつあります。フルマラソンの大会などでも厚底シューズを履く人をよく見かけます。

しかし、残念ながら私は履いたことがありません。

そのせいかもしれませんが、このワークマンのシューズの履き心地には違和感がありました。

つま先が大きく上がっているので、着地の瞬間、踏み切る瞬間などは慣れないと走りにくく感じました。

また高反発ソールを搭載しているということで一歩一歩の踏み出しがいつもよりハネているように感じます。

若干、ソールが薄いように感じ、着地の衝撃がいつもよりも大きいように感じる点もありますが、実際ペースが上がっているので衝撃が普段よりも大きいだけかもしれません。

ただ、走りにくく感じながらも普段よりも良いペースで走れることを考えると恐ろしいシューズだということですね。

このシューズに合わせた走り方ができればもっとペースが上がるかもしれません。

ポイント

厚底シューズ又はワークマンのランニングシューズに合った走り方が必要。

感想

まだ履き始めたばかりですが、実際に走ってみてかなりのポテンシャルを感じることができました。

2,900円というロープライスでこのポテンシャルなら本当にスゴイとしか言いようがないです。

あとの残された課題は耐久性ですが、こちらも今後継続的に履いて確認したいと思います。

年間1,000kmは絶対に走りますので、正直1年持てば納得の耐久性だと思っています。

  • この記事を書いた人

COSSY

40代の会社員。妻と小学生と保育園児の2人の子どもの4人で生活しています。 副業としてブログなどで月10~15万円程を稼ぎ、これまでに累計400万円を稼いできました。 ブログでの副業の仕方、節約の仕方などを発信しています。

-LIFE STYLE