BLOG LOLIPOP! Xserver

【初心者向け】ロリポップとエックスサーバー 選ぶならどっち?

2022.6.28

【初心者向け】ロリポップとエックスサーバー 選ぶならどっち?

WordPressなどのブログを開設するために必要なレンタルサーバー。

そのレンタルサーバー市場で高い人気を誇っているのが「ロリポップ!」と「エックスサーバー」の2つのサービスです。

今回はこの2つのレンタルサーバーのメリットとデメリットなどを比較してどちらを選べばいいのか紹介したいと思います。

こんな人にオススメ

  • ブログをやってみたい初心者~中級者
  • WordPressをやってみたい初心者~中級者
  • ロリポップを利用したい初心者~中級者
  • エックスサーバーを利用したい初心者~中級者

当ブログについて

最初にこのブログを運営するために使用しているレンタルサーバーを紹介させていただきます。

このブログは「ロリポップ!」のハイスピードプランで運営をしています。

ロリポップのハイスピードプランはコストパフォーマンスに優れたプランで月額550円からWordPressを高速表示することができるプランです。

別のブログは「エックスサーバー」を使用して運営しているのである程度は平等な感想を書いていると思います。

エックスサーバーは速さと安定性に重視を置いたレンタルサーバーです。月額料金がロリポップと比較すると990円と若干高いのがデメリットです。

また仕事で「さくらインターネット」も使用していますが、正直こちらは初心者の方にはオススメしません。

さくらインターネット

オススメのレンタルサーバー

ブログ開始時ロリポップのライトプラン
月10万PVまでロリポップのハイスピードプラン
月10万PV以上エックスサーバー

まず最初に私の経験からオススメのサーバーを説明すると最初はロリポップのライトプラン月10万PVまでのブログなら「ロリポップ!」10万PV以上のアクセス数が見込めそうなら「エックスサーバー」がオススメです。

「PV」はページビューの略でブログが表示される回数のことです。

ブログを継続できるかどうか不安を抱えている場合は初期費用が安いロリポップのライトプランから始めるのがオススメです。

私が運営しているブログで一番アクセス数が多いのが月10万PVのブログですが、こちらもロリポップで運営していますが速度や安定性に問題が起こることはありません。つまりこのぐらいのPVならロリポップで十分対応可能ということです。

ロリポップとエックスサーバーではランニングコストが異なり、コストパフォーマンスに優れているのはロリポップです。ですので、10万PVほどのブログを運営している場合はロリポップをオススメします。

ランニングコスト

ロリポップとエックスサーバーのランニングコストを比較してみます。

ロリポップは「ライトプラン」と「ハイスピードプラン」、エックスサーバーは「スタンダードプラン」で比較します。

契約期間はそれぞれ12ヵ月で計算しています。

初年度のコスト
ロリポップエックスサーバー
プランライトハイスピードスタンダード
初期費用1,650円0円3,300円
月額費用330円×12ヵ月825円×12ヵ月1,100円×12ヵ月
独自ドメイン取得※11,093円無料無料
合計金額6,703円9,900円16,500円

※1 独自ドメイン取得はロリポップのライトプランはムームードメインで「.com」を取得した場合の費用です。ロリポップのハイスピードプランとエックスサーバーは12ヵ月以上の契約で独自ドメインを1つ無料で利用することができます。

初年度は各レンタルサーバーのキャンペーンなどで初期費用が無料になる場合や独自ドメインの取得が1円になる場合もあります。詳しくは各レンタルサーバーのホームページを確認してください。

2年目以降のランニングコストはロリポップのライトプランのみドメインの更新料が必要になります。

2年目以降のコスト
ロリポップエックスサーバー
プランライトハイスピードスタンダード
月額費用330円×12ヵ月825円×12ヵ月1,100円×12ヵ月
独自ドメイン更新1,728円※2無料無料
合計金額5,688円9,900円13,200円

※2 ムームードメインで「.com」を1年更新した場合の金額です。

機能

主な機能

ロリポップとエックスサーバーが公開している機能を比較します。

vCPU/メモリなど
ロリポップエックスサーバー
プランライトハイスピードスタンダード
vCPU/メモリ非公開128コア/1024GB
vCPU/メモリ リソース保証非公開6コア/8GB

vCPUは「virtual CPU」の略称で、物理的なCPUの能力を分割し、仮想マシンのCPUとして構成したものを指します。

ロリポップは非公開ですが、速さと安定性をアピールしているエックスサーバーは公開されています。

vCPU/メモリはご利用いただくサーバーに割り当てられているCPU/メモリ量です。
vCPU/メモリ リソース保証はアカウントに対して最低保証されるCPU・メモリ量です。他ユーザーの影響を受けることなく、安定的なサイト表示速度を維持することが可能です。

容量など
ロリポップエックスサーバー
プランライトハイスピードスタンダード
容量
ディスクスペース
200GB※3400GB※3300GB
ファイル容量160GB350GB
転送量課金なしなし
転送量無制限無制限

※3 ファイル容量、メール容量、データベース容量の合算値。

容量に関してはロリポップとエックスサーバーで差がありますが、1つのブログを運営するだけなら160GBもあれば十分過ぎるほどです。

このブログを含む3つのブログを運営していますが、それでも50GBほどしか使っていません。

転送量課金や転送量に違いがないので、この項目は気にする必要はありません。

ドメインなど
ロリポップエックスサーバー
プランライトハイスピードスタンダード
URLアドレス独自ドメイン独自ドメイン
ロリポップ!のドメイン
ロリポップ!ドメインのSSL対応
独自ドメイン
マルチドメイン
100無制限無制限
独自ドメインのサブドメインドメイン毎に300無制限無制限
SSL独自ドメインのSSL対応
無料独自SSL
オプション独自SSL
ドメインずっと無料
独自ドメイン永久無料特典
無料対象無料対象
独自ドメイン1年無料特典無料対象

ドメインでの大きな違いはロリポップのハイスピードプランとエックスサーバーでは独自ドメインが1つ無料で、ロリポップのライトプランでは独自ドメインは別途用意する必要がある点です。

また無料で利用できるドメインも異なります。

ロリポップのドメインずっと無料の対象ドメイン

.com / .net / .info / .org / .xyz / .work /.tokyo / .shop / .mobi / .club / .biz / .me / .pro / .in.net / .okinawa / .cloud / .art / .nagoya / .blue /.yokohama / .link / .group / .jp.net / .dev / .company / .asia / .promo / .icu / .jpn.com / .pink /.ryukyu / .red / .in / .click / .page / .be / .us / .business / .pet / .top / .コム / .kim / .pictures /.vip / .futbol / .rocks

※変更になる可能性があります。

エックスサーバーの独自ドメイン永久無料特典の対象ドメイン
(スタンダードの場合)

.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .online / .site のいずれか

エックスサーバーでは上記の独自ドメイン永久無料特典以外に独自ドメイン1年無料特典もあります。

独自ドメイン1年無料特典

.online / .space / .website / .site / .tech / .store / .osaka / .moe / .earth / .design / .ink / .wiki / .xyz / .group / .email / .live を種類ごとに一つずつ、最大で16個のドメインを無料で取得可能

※対象ドメインは予告なく変更する場合があります。
※2年目以降は更新料金が発生します。

独自ドメイン1年無料特典は2年目以降は更新料が必要になりますので注意が必要です。

SSLはサイトを暗号化して情報を盗み取られるのを防ぐ仕組みですが、こちらはロリポップもエックスサーバーも無料SSLから有料プランまで利用できるようになっているので安心です。

データベースなど
ロリポップエックスサーバー
プランライトハイスピードスタンダード
MySQL51無制限無制限
MySQL/MariaDB無制限
SQLite

エックスサーバーではMariaDBを利用したデータベース管理ができます。

WordPressを運営するだけでしたらMySQLが利用できれば問題がありません

簡単インストール
ロリポップエックスサーバー
プランライトハイスピードスタンダード
WordPress
ownCloud 
baserCMS
EC-CUBE
PukiWiki

ロリポップもエックスサーバーもWordPressの簡単インストールが導入されています。

またどちらも契約と同時にWordPressを設定することができる機能もありますので初心者の方も安心して利用することができます。

WordPress運用支援・セキュリティ設定
ロリポップエックスサーバー
プランライトハイスピードスタンダード
WordPress簡単インストール
WordPress簡単移行
ログイン試行回数制限
海外アタックガード
国外IPアドレスからのアクセス制限
(ダッシュボード、XML-RPC、REST API)
大量コメント・トラックバック制限
国外IPアドレスからの
コメント・トラックバック制限

セキュリティ関係に関してはエックスサーバーが優れています。

しかし、WordPressのプラグインなどで対応できる場合もあります。セキュリティ最優先ならエックスサーバーを選択、コストパフォーマンスでロリポップを選択するのも一つの方法です。

サポート
ロリポップエックスサーバー
プランライトハイスピードスタンダード
メールサポート
チャットサポート
電話サポート

メールサポートとチャットサポートはどちらも対応しています。電話サポートはロリポップのハイスピードプラン以上とエックスサーバーだけとなっています。

私の場合、メールサポートのみで解決している問題が多いので電話サポートは使ったことがありません。

WordPressで起こる問題の多くはネットで検索すれば解決することも多く、電話サポートにそれほど固執しなくてもいいと思います。

ロリポップエックスサーバー
プランライトハイスピードスタンダード
サーバー監視24時間有人監視
Web改ざん通知無料
データセンター立地国内
商業利用
法人契約
再販
海外アタックガード
セコムセキュリティ診断
自動バックアップ 無料
(復元は有料)
ストレージSSD
Webページアクセス制限
SSH
.htaccess編集機能
メールフォームの設置
Webフォント設定
ads.txt
リソースモニター
プラン変更※4

※3 ファイル容量、メール容量、データベース容量の合算値。
※4 ロリポップでは下位プランへの変更はできません。

Webサーバー仕様
ロリポップエックスサーバー
プランライトハイスピードスタンダード
FTP
FTP/FTPS
FTPSFTP over SSL
FTP制限設定
ファイルマネージャー
FTPアカウント1
サブFTPアカウントの追加無制限
ファイル数上限※5300,000500,000
Nginx
LiteSpeed Cache
RAID構成RAID10
RAID構成(ユーザー領域)RAID50
(分散パリティ+ストライピング)
RAID構成(システム領域)RAID10
(ミラーリング+ストライピング)
ロリポップ!アクセラレータ
Webサイト高速化Xアクセラレータ
HTTP/2
OPcache
FastCGI
ブラウザキャッシュ設定
オリジナルCGI
PHP
PHP(CGI版)
PHP(モジュール版)
PHP(LiteSpeed版)
Perl
Ruby
Python
SSI
SSH(シェルログイン)
WebDAV
アクセス解析
アクセス解析アクセス解析ツール
アクセスログの取得
エラーログの取得
cron5
(5分間隔)
10
(5分間隔)
FTPアクセス制限
脆弱性対策(WAF)
アップロードファイル
ウイルスチェック

※5 フォルダの数も含まれます。

メール仕様
ロリポップエックスサーバー
プランライトハイスピードスタンダード
ロリポップ!ドメインのアドレス作成数10
独自ドメインのメールアドレス作成数無制限無制限
メールアドレス毎の容量5GB20GB
メールアドレス毎の保存件数100,000件
メールボックス容量設定
Webメーラー
Webメール
IMAP
メールセキュリティアンチウィルス
スパムフィルター
POP/POP over SSL
IMAP/IMAP over SSL
SMTP/SMTP over SSL
メール転送設定
メール自動返信
受信拒否/許可設定
メールマガジン510
メーリングリスト520
スパムフィルタ
ウイルスチェック
  • この記事を書いた人

COSSY

40代の会社員。妻と小学生と保育園児の2人の子どもの4人で生活しています。 副業としてブログなどで月10~15万円程を稼ぎ、これまでに累計400万円を稼いできました。 ブログでの副業の仕方、節約の仕方などを発信しています。

-BLOG, LOLIPOP!, Xserver