ちっともお金がないのに、お金持ちだと思わせるには?

お金について

PRESIDENTのコラムに面白いことが書かれていました。そのコラムのタイトルが「ちっともお金がないのに、お金持ちだと思わせるには」です。

他人に信用されたいがために、自分を着飾る。

お金がないのにお金があるように見せたい場面って若い頃にはよくありました。彼女の手前、お金に余裕があるように振る舞ったり、友人に見栄を張ったりと無駄な努力をしていました。

仕事でもプライベートでも少しでも自分をよく見せたいがために無理に着飾って背伸びをしていたんです。

でも、いま考えるとそういった努力って周りから見たらバレバレだったと思います。なぜなら、その頃は心の余裕がなかったからです。

無理をして着飾っているから、バレないように全てがいっぱいだっと思います。

お金持ちに思われるには

お金持ちに思われるには心に余裕が必要です。

私も最近になって心に余裕が生まれました。自分を着飾らずに自然のままに過ごすことができるようになりお金に余裕が生まれたからです。

少し前までは友人が50万円の時計をしていたら羨ましいと思っていました。でも最近はそんなことを思わなくなりました。

いい年になったから諦めたとかではなく、ましては向上心がなくなったわけでもありません。

ただ50万円の時計が欲しい理由が特にないからです。友人と同じくらいの時計を持たないといけない理由が見つからなくなったからです。羨ましいと思っていた頃は、「負けたくない!」って思っていただけで、その時計が本当に欲しかったワケではありません。

それよりは自分が本当に気に入って購入した5万円の時計のほうが価値が高いことに気付いたのです。

以前の私なら「負け惜しみを言っている」って思っていたかもしれませんが、いまは本当に心から「自分が気に入っているから!」と言えます。

見栄ではなく自分の好きなもの

時計に限らず、最近購入したものは全て、価格とか関係なく自分が気に入ったから持ち歩いていると自信を持っています。

金額やブランドなどではなく、自分がしっかりと選んで購入したものは自信を持てると気付きました。以前までは金額やブランドに頼っていたと分かりました。

金額やブランドに頼っていたときは心にも余裕がなかったんだと思います。心に余裕がないから、何かで自分に位置を確認したかったんだと思います。ですが、自分よりも高いものを持っている人には負けますし、自分より良いブランドを持っている人にも負けるからです。

でも、いまは違います。自分の持っているものに自信が持てるから勝ち負けがないのです。自分の位置を自分で決めることができています。

それが心の余裕につながっているんだと思います。

お金持ちはお金を持っているからお金持ちではなく、自分のお金をコントロールして自分自身に自信を持っている人だと思います。

収入や資産に比例してお金持ちと考えるのではなく、そこに心の余裕も含めてお金持ちに見えると思います。

これからも心に余裕を持てるお金持ちを目指して頑張りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました