独立をしたいから・・具体的に計画を練る!

私が働いている部署には30歳の契約社員の男性がいます。

彼の目標はいつか独立することです。

でも彼には問題が山積みです・・・。

独立したい

彼には目標とする人物が間近にいます。

それはうちでアルバイトとして働いている男性です。

その男性はアルバイトで働いていますが、かなりの特別待遇でアルバイトに来ているというよりも来てもらっているという感じです。

うちでアルバイトで働きながら、昨年には念願だった自分の店を構えるようになりました。

そんな人間が間近にいるので、より独立したいという思いが強くなっているようです。

先日、事務所に2人だけになったので将来の話を聞いてみました。

(私)「10年後、40歳になった時にまだこお会社で働いていると思う?」

(彼)「いや、さすがに40歳には独立していますよ!」

(私)「35歳には?」

(彼)「そこまでには独立したいですね。」

(私)「独立するための貯金とかしている?」

(彼)「いやローンを返すので精一杯です。ローンが終われば貯金します。」

(私)「ローンって車のローン?」

(彼)「車のローンと・・・実はMacBookを買っちゃいました!」

(私)「Macbookもローンなん?」

(彼)「そうなんですよ!練習をしないといけないから。」

ビジョン

彼は独立をしたいという夢は持っていますが、それに対して具体的に動けていません。

目標設定が出来ていません。

独立したらパソコンが必要。だから今から練習を兼ねて購入する。


なんとなく言っていることは正論のように聞こえますが、だからといってローンで買う必要はないし、ましてMacBookを購入する必要性はありません。

彼の目標設定は「いずれ独立できたらいいな・・・」「40歳までには独立できるはず・・・」みたいな期待から生まれています。

具体的な案がないから、期待でモノを考えてしまいます。

それでも一歩踏み出す勇気があれば何かが変わるかもしれません。

でも、残念ながら彼にはその勇気も備わっていません。

しっかりと準備をしないと一歩を踏み出せないタイプなのに、その準備がまったく出来ていない・・・。

かなり意識を変えないとズルズルと現状のまま過ごしてしまいそうです。

目標を意識する


彼に限らず、私自身もまだまだ目標設定が甘いと思います。

私もいつかは独立をしたいと考えています。

そのための謡的な計画がまだまだ甘いと反省しています。


本当に簡単なことですが目標を紙に書く、その目標に対しての達成率を常に把握する、常に反省と行動を繰り返す

それをしっかりとやっていこうと思います。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする