会社員のデメリットを考えたら辞めたくなってきた!

会社員

わたし自身、会社員として働いていますが、最近はサラリーマンというか会社員はデメリットも多いと感じています。

一番のデメリットは収入と時間です。

私が勤めている会社は上場はしていますが、中小企業でサービス残業が当たり前の会社です。給与だけ見れば、普通くらいだと思いますが労働時間を考えると最低時給を下回ります。

普段の労働時間も長いのに、それに加えて会社行事には強制参加で休日扱いです。

会社員で給与を貰うためには会社の方針に従う必要がありますが、無理難題が多いと会社員として働くメリットを見出だせなくなります。

パラレルキャリア

最近、「パラレルキャリア」と呼ばれる働き方が注目を集めています。

現在の仕事以外の仕事「副業」を持つことや、非営利活動に参加することを「パラレルキャリア」と呼びます。よく取り上げられるのは大手企業で働きながら、ベンチャー企業を立ち上げる才能あふれる人です。

一昔前だと「副業」なんて会社はもちろん、社会も認めていませんでした。しかし、今は少しずつ認められる社会になりつつあります。

大手企業でも徐々に副業が認められています。2016年2月にロート製薬株式会社が副業を認める制度を導入しています。

また政府も今年度中に正社員の副業を「原則禁止」から「原則容認」にするなど社会が変わりつつあります。

これからは会社員で働きながら副業で稼ぐ時代が訪れるのかもしれません。

副業

副業をするのなら時間に縛られない仕事をオススメします。つまり「時給」で働く仕事はオススメしません。

薬剤師など特殊な資格を持っていて、時給数千円が貰える待遇なら時給で働いても良いかもしれませんが、私のような何の資格も持たない人間には時給で稼いでも金額は高が知れています。

それよりも自分で稼げる仕組みを考えるほうが稼げる可能性も出て楽しいです。

私はこのブログ以外のブログで毎月数万円を稼いでいます。

これも作業時間を考えと少ない金額ですが、ブログは財産になります。更新作業をしなくても毎日いくらかは収入が入ってきます。

その他にもお小遣い稼ぎ程度には会社の給与以外で稼いでいます。

家計を助けられるほどは稼げていませんが、お小遣いと考えれば十分に稼げているので個人的には満足しています。

将来的に

会社員で働くのなら、もう少し効率を良くして働きたいと思います。

今の会社ですと、休日扱いで会社行事に強制的に参加させられたり、2泊3日の宿泊研修でさえ自己鍛錬が目的として1日は休日扱いです。

こんな会社ですから有給休暇なんて全くありません。ただの数字です。

正社員にこだわらず、契約社員でも自分にあった働き方を考えて、足りない収入を副業で稼ぐようにしていきたいと思います。

少ない人生の時間の大半を会社で過ごすのは嬉しくありません。

自分に合った仕事内容を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする