嫁が熱を出してダウン!お弁当はどうする?

月曜日の夕方に嫁から、「身体がダルいから熱を計ったら38度だった。できるだけ子供のことはやるけど、できたら早めに帰ってきてもらえたらありがたいです・・・」というラインが届きました。

次男が生まれて約1ヶ月半、嫁もそろそろ本格的に疲れが出たみたいです。


その日は仕事を早めに終わらせて帰宅。嫁にはお布団で横になってもらって長男と次男の寝かしつけを頑張りました。

翌日の朝、嫁はそのままダウンでお布団から出てきません。長男を起こして保育園に行く準備を始めます。

さらに自分の準備も進めているとある事に気づきます。お弁当が用意されていない・・・。

お弁当

節約を意識している我が家ではお弁当は必須アイテムです。

普段は嫁が用意してくれているのですが、次男を出産後は嫁もお弁当どころではなくなり、自分で前日の残り物を詰めて出勤をすることもよくあります。

しかし、この日は前日の残り物も全くない状況でした。

幸いなことにご飯は炊いていました。ご飯だけ詰めてカップラーメンなどを買ってお昼にする方法も考えましたが、私が選んだのはすぐにできるおかずを作ってお弁当に詰めることでした。

冷蔵庫を開けると野菜コーナーに炒め物用のカット野菜があります。

鶏肉と野菜を炒めて中華丼にすることを思いつきました。

レシピを調べると簡単そうなレシピが出てきます。

レシピは「絶品●中華丼●」を参考にかなり省略してつくりました。

調理時間は約10分、後片付けは嫁にお願いしてお弁当に詰めて完成です。

長男を保育園に送り、その足で会社に向かいます。

油断大敵

今回の場合、コンビニでおかずを買うなどしていたら今後も同じ状況になた場合はコンビニに立ち寄ることになると思います。

しかし、逆に短時間でお弁当が作れると分かれば自信にもつながり、これからもお弁当をサッと作ることを考えるこる事ができます。

我が家ではお弁当がないということは滅多にない事です。

でも、その滅多にないときだから節約の意識を持つことが大切なんだと感じます。

「こんな日ぐらい」って思い散財をすると、他のときでも気が緩んでしまいます。

感謝

こうやってお弁当を急遽作る必要性に迫られると嫁への感謝が出てきますね。

毎日、朝早くから起きて次男の授乳やお弁当作り、長男の保育園の準備と本当に大変だと思います。

そんな嫁に感謝を伝えて、これからも美味しいお弁当を作ってくれるようにお願いしたいと思います。

また、お弁当の準備が少しでも簡単にできるように冷凍食品や作り置きも充実させていきたいと思います。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする