ZOZOTOWNの「ツケ払い」は便利だと思ったらキケンだよ!

ZOZOTOWNは「ツケ払い」で支払いができます。5万4,000円までの金額を最長2ヶ月まで先延ばしで支払えができるサービスです。

一見、便利なサービスのように感じますが、これを便利なサービスだと感じたらキケンだと思います。

ツケ払い

「ツケ払い」が便利だと思う人は、欲しい商品があるのに手元にお金がない人ですよね。手元にお金があれば、わざわざツケ払いで支払う必要がないですもんね。

給料日前でお金がないから「ツケ払い」で支払うって人はお金の使い方を考え直したほうがいいですよ。

給料が入ったらお金があるように感じますが、収入と支出のバランスが悪くなっているから給料日前にお金がなくなるんです。

給料日前に「ツケ払い」をする人は翌月の給料日前も同じようにお金がなくなっていると思います。お金の使い方を見直しましょう。

ツケ払いは「借金」、お金がないなら諦める

ツケ払いをしてまで本当に欲しいモノなんてそんなにありません。

生死に関わるモノならツケ払いも仕方ないのかもしれませんが、服をツケ払いで買う必要は全くありません。

そんなにその服が欲しいのならお金をしっかりと貯めて購入すればいいです。

売り切れて買えない!」って不安があるのなら、それまでにお金を貯めていなかった自分が悪いと諦めめるべきですよ。

「ツケ払い」って言葉だから安易に感じますが、結局はツケ払いって「借金」ですから。

本当に欲しい?

私はモノを買うときには「本当に欲しい?」「本当に必要?」と何度も自分自身に問いかけます。

服の場合だと、我が家には特別なルールがあるので、さらに何度も問いかける必要があります。

我が家の特別ルールは「1着購入したら1着処分する」ことです。

このルールによって、我が家では服の量が一定量で制限されていますし、限られた服しか持たないので全てお気に入りの服ばかりです。

そんなお気に入りの服を処分してまで新しい服を買うのかと考えると新しく服を買う機会は少なくなります

お金は大切です!

ツケ払いが便利って思うようならお金に対する意識が低いと思います。

私が初めてZOZOTOWNの「ツケ払い」のテレビCMを見た時は嫁と二人で「恐ろしいな」と言ったのを覚えています。

企業側からすればお金を持っていない人からでも商品を買って頂ける画期的なアイデアです。考えた人はエライと思います。

そして、それを安易に受け止めてしまう消費者がいるのも分かります。

日本ではお金に対する勉強が圧倒的に不足していると思います。

なので投資などをする人も少なく、経済に対する興味も薄れていると思います。その結果、政治に対する興味も低いんだと思います。

お金を儲けることは悪いこと」みたいな雰囲気がどこかにあるんだと思います。

悪いことをしてお金を稼ぐのは論外ですが、お金を儲けることはいいことです。

お金について学んで、しっかりと運用することを学べば「ツケ払い」って考えには陥らないと思います。

私も20代の頃は色々と無駄なお金を支払いました。最近になってようやくお金のありがたみや怖さを勉強して無駄な支出をしないように心掛けています。

安易にツケ払いという借金に陥らないように、日本もお金について学ぶ機会を増やして欲しいと思いますし、息子にはしっかりと教えていきたいと思います。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする