住宅ローンを支払い終わりました!

ついに住宅ローンを全て支払い終わりました。

30年ローンで組んだローンを結果的に9年で支払い終わることになりました。

住宅ローン

私が住宅ローンを組んだのは30歳の時でした。

それから9年の時が経ち住宅ローンが払い終わったわけですが、実は私は何もしていません。

全てを嫁がやってくれました。

その間に長男が生まれたり、昨年は次男も生まれたりと大変だったはずなのに気が付けば「住宅ローンが払い終わるで!」と伝えられました。

そこで改めて嫁のスゴさとお金の大切に差に気付かされました。

生活

9年前に住宅ローン組んだ時は借入金が3,000万円以上ありました。

それを9年で返すと単純計算で年間400万円近く返したことになります。

我が家は共働きですが、2人とも中小企業に勤めているので、給料はそれほど高くありません。夫婦で合算しても一流企業の年収に届かないと思います。

ですが、住宅ローンを返済するために質素な生活をしていたかというとそうでもないと思います。

わたしの個人的な感想としては贅沢はしていませんが質素な生活でもなかったと思います。

多分、ポイントは「贅沢をしない」だと思います。

贅沢をしないってことは身の丈にあった生活ができていたということだと思います。

これは多分、夫婦のお金の価値観が近いから実現できたと思います。

たまに贅沢をすることはありますが基本的には、我が家では無駄にお金を使わないように心掛けていたと思います。

お金の価値観

今回、ローンを支払い終えて特に思うのがお金の価値観の共有です。

夫婦でお金の価値観にずれがあるとお金を貯めたり、運用したりするのは難しいと思います。

正直、数年前までは我が家でもお金の価値観の違いがあったと思います。

それも圧倒的に私が悪い方に価値観が違っていました。

それが少しずつ嫁に寄って軌道修正をされて現在のようになったと思います。

これが嫁のスゴイところだと思います。

おかげで私の浪費癖もなくなり、家計だけでなく、個人の資産も増えていっているから恐ろしい限りです。

今でも価値観の違いは多少はありますが、それでも家計の負担をかけるようなことはしないように心掛けています。

住宅ローンがなくなったから、これからの生活が変わるわけでもなく、これからも同じように身の丈に合った生活を心掛けたいと思います。

これからは子供たちの教育や老後のためにもお金が必要になります。

住宅ローンはなくなりましたが、未来のためにしっかりとお金を管理していきたいと思います。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする