人生100年計画!「年金生活」のもしもに備える!

最近、「人生100年計画」とか「老後の資金」とか退職後のお金についてのニュースや雑誌の特集をよく目にします。

多分、今までも同じような情報はあったけど興味がなかったのでスルーしていたんだと思います。

それだけ私自身が老後まで含めてお金について興味を持ったんだと考えています。

老後の生活

今のシニア世代と40歳目前の私がシニアになった時では環境は大きく変わっていると思います。

平均寿命も今のシニア世代よりも10歳は伸びているかもしれません。

さらに定年退職の年齢も60歳から65歳、65歳から70歳と伸びていると思います。

今のシニア世代が60歳で定年退職を迎え、80歳で生涯を終えるとしたら、老後の期間は約20年。

案外、定年退職から生涯を終える期間はあまり変わらないのかもしれませんね。70歳で定年退職で90歳まで生きれば同じですもんね。

お金の問題

今のシニア世代との一番の違いはお金の問題だと思います。

現在のシニア世代は年金も退職金もしっかり貰っていると思います。

私たちの世代が将来に漠然と不安を抱くのは年金がいくら貰えるのか分からない、定年まで会社で勤め上げれるか分からないなど将来に安心できる材料が少ないからだと思います。

「老後は年金があるから大丈夫!」なんて思っている人はいないと思います。

老後までにいくらのお金を用意したらいいのか?

その金額も漠然としているから余計に不安になると思います。

何歳まで働く?

今のシニア世代は10人に1人の割合で仕事をしているそうです。

お金が目的で働く人もいれば、誰かの役に立ちたい、社会貢献のために働く人も少なくありません。

生活に余裕がればそういった働き方は素敵だと思いますが、将来に不安を感じながらは難しい働き方だと思います。

私自身はできるだけ早期退職をして自分のやりたい仕事に就きたいと考えていますが現実は甘くないと思います。

現実的にはその時に定められている定年の年齢まで働いていると思います。それまでに自立できるように頑張りたいです。

お金を増やす仕組みを作る

お金が目的で働き続けるのなら、その負担を少しでも減らす努力をしたいですね。

リスクはあっても投資は必須だと思います。銀行にお金を預けてもお金は増えません。投資を真剣に考えたら年利3%くらいはお金は増えます。

また今後は副業が認められる社会になっていくと思います。

現在勤めている会社のスキル以外にも副業で稼げるスキルを磨くことも必要になります。写真が好きならフォトストックサービスなど得意分野で稼げるようになればいいと思います。

生涯、勉強を重ねてスキルの向上、種類を増やしていくことが将来を豊かに過ごす秘訣かもしれません。

会社の給与と退職金、そして年金だけに頼らずに自分自身で稼げる能力を身につけることが大切なんだと思います。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする