クレジットカードで支払ってまで欲しいものって何?

24歳のアルバイトの子と話をしていたらクレジットカードの話になりました。

その子は支払いは基本的にクレジットカードで支払うらしいのですが、問題はその金額を把握していないことです。

「毎回、クレジットの請求が本当に恐ろしいです!」

でも、その子の偉いのは明細を確認して本当に買ったのかどうかを確かめるところです。

そして、

「本当に全部買っているから驚きますよね!」

って話しています。一応納得して支払いをしているから偉いとは思います。

クレジットカード

私も若い頃はクレジットカードはお金の出る魔法のカードみたいな使い方をしていた時期もありました。支払はすべてクレジットカードって時期もありました。

でも、お金に興味を持つようになってからはクレジットカードのことを「借金カード」だと思っています。

口座にお金が残っていても、クレジットカードで支払った分はカード会社への借金だと思うようにしています。

そう思うとクレジットカードなんて本当に使わなくなります。

クレジットカードを使って買いたいモノ

そのアルバイトの子に何を買っているのかを尋ねると、

「服や靴、その場で欲しいと思ったら買っちゃいます!」

と言います。

そしたら別の40代のパートさんも

「分かる!ストレス発散ですよね!」

って話になりました。

いやいやいや、ストレス発散でお金を使うって発想が怖いです・・・。

嫁が定期的にストレス発散のために散財をされたら堪りませんよ!

そこで私が、

「世の中に手持ちのお金がなくてクレジットカードで支払ってでも買いたいものなんて存在しないです!」

と話すと、

「名言ですね!でも、そんなん理想論です!」

って言われてしまいました。

自制心を養う

断捨離アンの嫁を見習って断捨離の真似事を始めてから、モノへの執着心が減りました。

テレビや雑誌などを見て、「これ欲しい!」って思うものがあっても、ほとんどは数時間後には「要らない」ってなっています。

最近は自分のために買っているものはビールくらいです。あとは息子のオモチャを買ってあげるくらい。

ビールも欲しくなくなるほどの自制心があればよいのですが、その領域にはまだ達していません。

もちろん支払いにクレジットカードは使いません。デビットカードか現金です。

断捨離を通じて自制心はかなり養われたと思います。

本当に「クレジットカードを使ってまでも欲しいモノ」なんて私には存在していません。

だってこの言葉は「借金して買いたいモノ」と同じ意味合いだから余計に存在しなくなります。

これからもこの考えを大切にしてお金と上手に付き合っていきたいと思います。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする