オーダーメイド革製品の「JOGGO」で本革長財布を購入しました!

私が使用しているサイフは10年以上前に購入したグッチの二つ折りのサイフです。

さすがに10年以上も使用すればボロボロ。大切に扱っていなかったのも原因だと思いますが色んな所が破れたりしています。ズボンの後ろポケットに入れたまま洗濯されたことも1度や2度ではありません。

30代後半でボロボロのサイフを持ち続けるのと色々と心配をされるので買い替えます。

買い換えるサイフは「JOGGO」というブランドのサイフです。

JOGGO

JOGGO」というブランドを選択したのは大きく2つの理由があります。

1つはオーダーメイドでサイフのデザインができること。

もう1つは「JOGGO」を運営する企業の考え方に賛同したからです。

オーダーメイド

私が購入したのは「本革長財布」。

このサイフは本当にカラーを好きなようにデザインすることができます。

白紙のサイフから自分好みの色に変更します。

私がデザインしたサイフはこちらです。

風水もなんとなく考えてお金が貯まりやすいサイフにしたつもりです。

自分で考えたデザインのサイフが使えるなんてウキウキしますね。届くのが楽しみです!

デザインコード「low9983」でこのデザインの「本革長財布」が購入できます。欲しい人がいるのか分かりませんけど・・・

ところで通販で革製品を購入するのに心配なのが手触りだと思います。

実は株式会社ボーダレス・ジャパンが運営している「Business Leather Factory」で実物を確認することもできます。場所は限られていますが福岡、品川、大阪、名古屋、熊本に直営店がありますので、そちらで実物を確認することができます。

私は「大阪なんば店」で実物を見て手触りも確認して購入することを決めました。

企業の考え方

私が「JOGGO」というブランドを知るきっかけになったのは「ガイアの夜明け」でした。

2016年3月22日に放送された「シリーズ 働き方が変わる 第12弾 “安定”を棄ててでも・・・」でバングラデシュの貧困層に助けるため、仕事を作るためにスタートしたプロジェクトとして放送されていました。。

JOGGO」のサイトにも以下のように記載されています。

バングラデシュでは、安い労働力で低価格の商品が大量生産されており、流れ作業のような労働環境が労動者の賃金や意欲を下げてしまいます。そこで、高い給与、安定した労働環境を提供するために首都ダッカに革工場を設立し、手作りの革製品のオーダーメイドブランド、JOGGOを始めました。

原料は宗教的な理由で年に1度食肉用として国内に大量に流通する牛の皮を使用することで、現地の地域活性と資源の有効活用に配慮しています。

また、自社工場で雇用しているスタッフは、自分の家族だけではなく、父母や 兄弟姉妹を養うために、しっかりと働いて収入を得なければならない貧しい家庭環境の人を採用対象とし、労働差別に遭いやすい女性の工員についても積極的に採用を進めています。

自分が気に入ったサイフを購入することで少しでも誰かの生活の役に立つならと思い、こちらのサイフを購入することを決めました。

買い替えのタイミング

少しだけお金に余裕が生まれたから早く買い替えても良かったんですが、せっかくなので風水や縁起を担いで春まで待っていました。

この時期を待っていたのは「春サイフ」を購入するためです。春に購入するサイフは「お金がパンパンに張るサイフ」として縁起が良いといわれています。

さらに財布を3月28日に購入したのも理由があります。それは「寅の日」だからです。虎の黄色い縞模様は金運の象徴です。一瞬で千里の道を駆け巡り、また一瞬で戻って来ることから、この日に財布を使い始めると縁起が良いといわれています。

なので2017年3月28日の「寅の日」にサイフを購入して、2017年4月21日の「寅の日」から使い始めるつもりです。

多分、人生で一番買うタイミングを考えたサイフです。

見栄を張らない

今回、「JOGGO」のサイフを購入したのはデザインを選べる、企業の考え方に賛同したと書きました。

しかし、実はもう一つ大切なことがあります。

それが見栄を張らないってことです。

少し前の私でしたら何となく有名なブランド品を持つことで自分に安心していたと思います。なのでサイフを購入するなら今回もグッチを購入していたと思います。

でも、グッチのサイフを購入する理由は周りの目が気になるからです。安物のサイフを持っていると思われるのが恥ずかしいからです。

でも少し前から、そんな見栄ではなく自分の好きなものや本当に欲しいモノをもっと考えるようにしました。

何度も何度も考えて最終的に行き着いた先がグッチなら堂々と自信を持ってグッチのサイフを使いますが、グッチのサイフを持つ理由は見栄だけでした。もちろん品質が良いのは分かっていますけど、私にとってグッチは品質が良いから選ぶブランドではなく、持っていることで恥ずかしくないブランドでした。

思いっきり「見栄」のためだけで選んでいたのが自分で分かったので、本当に自分が欲しいと思うサイフを探して行き着いたのが「JOGGO」でした。

自分でデザインを考えたので愛着があります。

購入することで偽善かもしれませんがバングラデシュの人々のお役に少しだけでも立てる。

まだ届いていませんが自信を持って良いサイフだと思えます。

届くのが本当に待ち遠しいですが、届いても使用するのは2017年4月21日の「寅の日」から。待ち遠しいです。

注文からお届くまで

2017年3月28日(火)に注文。「寅の日」。

2017年3月30日(木)に「ご注文商品の製造開始のご連絡」のメールが届きました

2017年4月12日(水)に「ご注文商品の製作完了のご連絡」のメールが届きました。「お届け期限」は4月18日(火)と記載されています。

2017年4月13日(木)に「商品発送完了のお知らせ」のメールが届きました。

「ご注文商品の製作完了のご連絡」のメールには、

工房から弊社までは約1週間ほどで到着致します。到着次第、弊社内の専門スタッフにて最終チェックを行い、発送致します。

と記載されていたので、その翌日に「商品発送完了のお知らせ」のメールのメールが届いて驚いています。

2017年4月14日(金)に無事に届きました。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする