[子供とお出かけ]キリンビール滋賀工場の工場見学を10倍楽しむ!

キリンビール滋賀工場に5歳の息子と2人で工場見学に行ってきました。

今年3回目のビール会社の工場見学で、キリンは岡山工場に引き続き2回目です。

これまでのビール会社の工場見学
キリンビール岡山工場の工場見学を10倍楽しむ!
アサヒビール吹田工場の工場見学を10倍楽しむ!

キリンビール滋賀工場

【住所】

〒522-0342
滋賀県犬上郡多賀町敏満寺1600

【申し込み方法】

お電話でのご予約・お問い合わせ
TEL : 0749-48-2810

インターネット予約はこちら

キリンビール滋賀工場はキリンビバレッジ滋賀工場と併設されていて、工場見学は大きく2種類あります。

「キリン一番搾りの生ビール」のこだわりの製法やうまさのヒミツをたっぷり体感。ビールの魅力が存分に味わえるツアー「一番搾りうまさの秘密体感ツアー」と午後の紅茶の製法などを体験できる「午後の紅茶ツアー」です。

どちらのツアーも工場見学後の試飲では生ビールが楽しめます。

今回は岡山工場でも体験した「一番搾りうまさの秘密体感ツアー」に参加してきました。

キリンビール滋賀工場は嫁の実家の近くになるので義母にクルマで送って頂きました。感謝です。

工場見学

今年2回目で、これまでに3回訪れたことのあるキリンビールの工場見学。

工場見学が行われる建物に行く道中には空き缶で制作されたたがゆいちゃんが飾られています。

岡山工場ではシアタールームのような場所に案内され工場の案内ビデオを見せて頂きましたが、滋賀工場では大きなホールで見ます。立って見る人もいます。

工場長からのご挨拶で始まります。

そして嵐のメンバーからのメッセージが続きます。

次はビールの欠かせない原料の麦芽とホップについて教えて頂きます。

「キリン一番搾り」は一番搾り麦汁しか使わないので通常のビールと比べて1.5倍の麦芽が必要です。

麦芽(Malt)

ビール大麦を発芽させ、成長を止めるために乾燥させて根を取り除いたものです。キリンビールは、国産の麦芽のほかに北米やオーストラリア、ヨーロッパの優良産地から輸入をした良質な麦芽だけを使用しています。

カラメル麦芽(Caramel Malt)

通常の麦芽よりも高温の120~180度で乾燥させたものが「カラメル麦芽」です。主に黒ビールの原料として使用されます。黒ビール独自の色と、こうばしい香味のもととなります。

ホップ(Hop)

ホップはアサ科に属する、つる性の多年生植物です。ビールに独特の苦味と香りを付け加え、泡立ちを良くします。キリンビールでは、ホップの特徴を最大限に生かした使用技術を駆使して、最高級のホップの香味をお客様にお届けしております。

コーングリッツ(Corn grits)
とうもろこしの胚芽を取り除いて荒く挽いたものです。

米(Rice)
精米をして糖を取り脂肪を除去した醸造米を使用します。

コーンスターチ(Corn starch)
とうもろこしの胚乳中のデンプンを純粋なデンプン粉の形で分離したものです。

米・コーングリッツ・コーンスターチを副原料と呼び、副原料を使用することにより、色が淡く、よりすっきりした味わいに仕上がります。副原料を使用しないビールを「オールモルトビール」と呼びます。

原材料などの説明が終わると一番搾り麦汁の説明が行われます。一番搾り麦汁だけを使用して製造させるビールは「キリン一番搾り」だけ。

一番搾り麦汁と二番絞り麦汁の飲み比べもできます。アルコールは入っていないので5歳の息子も飲み比べていました。

飲み比べると一番搾り麦汁と二番絞り麦汁は全く味が違います。

巨大なタンクを見ながら、そろそろ試飲コーナーに行きたいと思い始めます・・・。

ここで約50分の工場見学が終了です。

試飲

工場見学が終わると一番の楽しみ試飲です。

試飲時間は約20分で1人、3杯まで飲むことができます。未成年や運転などでアルコールが飲めない方はお金を入れなくてもボタンを押すだけでジュースが出てくる魔法の自動販売機が用意されています。

今回も1杯目は「キリン一番絞り」から始まります。実は「一番搾り」はリニューアルが行われていて、店頭には8月中旬頃から並ぶそうです。

今回の試飲はリニューアル後の、まだ店頭には並んでいない新製品を飲むことができました。こんなことがあるから工場見学は楽しいですね。

2杯目は「一番搾りプレミアム」です。こちらは味が濃厚です。ギフト専用の「一番搾り」ですので普通は飲むことができません!

こちらの一番の特徴が国産のホップだけで製造されている点です。

そして3杯目は黒ビールの「一番搾りスタウト」。とっても甘く飲みやすいビールです。

これでお終いって思いきや、スタッフの方が3度注ぎの方法を教えてくれて、その注いだビールを頂くことができ合計4杯のビールを飲むことができました。

最後に屋外の記念撮影コーナーで息子の写真を撮って終了です!

こうして無事に工場見学が終わり、5歳の息子と2人で徒歩で嫁の実家に帰っていきました。

ごちそうさまでした!

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする