[子供とお出かけ] 豊中市伊丹市クリーンランドの施設見学に行ってきました。

1月21日に豊中市伊丹市クリーンランドで行われた展望フロアの一般開放デーと施設見学に5歳の長男と6ヶ月の次男の3人で行ってきました。

豊中市伊丹市クリーンランド

豊中市伊丹市クリーンランドでは定期的に一般開放デーで行われていて、平成29年度は毎月第3日曜日が展望フロア一般開放デーとなっています。

その一般開放デーの10時15分と10時30分の2階、施設見学が行われています。

こちらの施設は平成28年に建設されたばかりの施設なので、めちゃくちゃキレイです。

展望フロアからは伊丹空港が一望できて飛行機の写真を撮る人も結構います。

私も写真を撮りたかったのでカメラとレンズを持っていきましたが、まさかのSDカードを忘れるという不始末で写真は撮れませんでした・・・

この日は仕方なくスマートフォンで乗り切ります。

施設見学

施設見学は一般開放されている部分以外の施設も案内してくれます。

8階の照明は屋上に取り付けられた太陽光発電で行っているので、なんとなく暗いけど優しい光です。

豊中市伊丹市クリーンランドでは基本的には機械が自動で処理をしてくれるそうです。職員さんはモニターなどでの確認作業が主な作業になるそうです。

4階にある部屋では焼却炉内の雰囲気を体感できます。

ゴミになって燃やされた気分です・・・。部屋の温度も若干温かくなったりと本格的です。

展望フロア

展望フロアの入り口にはラムネのつかみ取りが用意されています。

5歳の長男は大喜びで「お土産ができたな!」と言っていました。

最上階からガラス越しに地面を見ることが出来ます。

私はこういうのは意外と平気で、ガラスの上に乗りますが、怖い人はやっぱり怖いみたいです。

別の家族連れの男性が奥様に、

あんなのに何も考えずに乗れるのは人を信用し過ぎや!もっと最悪な状況を考えろ!

と言っていました・・・。これからはもっと人を疑うようにします。

感想

今回の施設見学で豊中市と伊丹市は毎日400トン以上のゴミを出していることを知りました。

この施設では毎日500トン以上のゴミを焼却できるそうですが、やっぱり根本的にゴミを減らす取り組みをしないといけないと教えられました。

我が家ではゴミを出さないように心掛けてはいますが、もっともっと注意しなければいけないと思います。

不要なものを購入しない、受け取らない。

リサイクルできるものはリサイクルをする。

環境に優しい生き方をもっと心掛けないとダメですね。

そういった説明を聞いていたら、改めて処分する方法も決まっていない原子力発電に頼っていた日本の生活がイヤに感じました。

まずは自分のできる範囲から環境に優しい生き方を実践していきたいと思います。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする