Cook Do®おかずごはん「アジアン鶏飯用」は便利で美味しい最高の助っ人!

週末で仕事が休みの日は私が料理担当になります

料理は嫌いではありませんが、「料理は大好きだから週末は気合を入れて料理を作っています!」みたいなテンションではありません。

平日は嫁が作ってくれているので「週末ぐらいは作ります」って感じで作っています。

なので簡単で美味しい料理がとても大好きです。

そんな感じで料理をする私が初めて「Cook Do®おかずごはん『アジアン鶏飯用』」を使ってみました。

これは簡単で美味しいです!

Cook Do®おかずごはん『アジアン鶏飯用』

コクのある鶏だしと醤油をベースに、生姜の風味を効かせた、食欲をそそる味わいです。

作り方

5合炊き以上の炊飯器を推奨します。」って書かれていますので注意が必要です!

必要な材料は、

米・・・2合(300g)
水・・・280ml(無洗米の場合も同量)
鶏もも肉(小さめ)・・・2枚(約400g)
塩・・・小さじ1/3程度(約2g)

美味しい食べ方として、「炊飯後に、『すりおろし生姜を入れた醤油』をかけたり、『レモン』をしぼっていただくと、味の変化が楽しめます。」と書かれているので次回は挑戦したいと思います。

1.下ごしらえ(約10分)

米は洗って、しっかり水気を切る。

鶏もも肉は端にある余分な油を取り除き、2cm幅に切り、横半分に切る。塩をふり、軽く揉みこむ。

お塩をもみこむことにより、お肉が美味しく仕上がります。

2.炊飯する

炊飯器に米、水280ml(無洗米の場合も同量)、「Cook Do®おかずごはん」を加えてよく混ぜる
その上に鶏肉をのせ、「炊き込みモード」で炊飯する。

炊き上がったら、軽く混ぜて出来上がり。

注意

具材を多く入れ過ぎたり、大きく切ると炊けない場合があります。
炊飯器の機械により炊飯方法が異なる場合がありますので、取扱説明書を参考にしてください。
品質保持のため、開封後はすぐに炊飯し、タイマーによる炊飯や保温は避けてください。

この製品には、アレルギー物質のうち、小麦、大豆、鶏肉、豚肉、ごまを含む原材料を使用しています。

原材料名

しょうゆ、しょうが、魚醤(魚介類)、にんにくペースト、砂糖、しょうがペースト、食塩、大豆油、発酵調味料、でん粉、醸造酢、チキンエキス、香辛料、ねぎ風味脂、小麦たん白発酵調味料、チキンファット、糊料(加工でん粉、キサンタン)、調味料(アミノ酸)、ベニバナ黄色素(豚肉、ごまを材料の一部に含む)

原材料のキサンタンは、ソースにとろみをつけるために使用しており、蜂蜜などを発酵して作られています。

感想

材料を用意して切るだけで本当に簡単!

こんなに簡単なのに味は本当に美味しいからものすごく便利な商品です。

そして一番大切なことが4歳の息子も「おかわり!」って声を出して食べれることです。大人は美味しくても子供には辛くて食べれないとかありますけど、この「Cook Do®おかずごはん『アジアン鶏飯用』」はそんな心配は不要でした。

「アジアン鶏飯用」以外にも「中華豚おこわ飯用」と「バター鶏ピラフ用」 、「韓国風ビビンバ用」が在庫として残っているので次々に楽しみたいと思います。

モラタメ

実はこの「Cook Do®おかずごはん『アジアン鶏飯用』」などはモラタメで購入しました。

全部で12箱入って送料込みで900円で試せます。

他にも色々なものが試せて非常に便利なサイトです。オススメですよ!

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする