仮面ライダーや戦隊ヒーローのキャラクターショーでステージに呼ばれるために!

今年になってから5歳の息子と仮面ライダーエグゼイドや仮面ライダービルド、宇宙戦隊キュウレンジャーのキャラクターショーに機会があれば行っています。

今年の3月から行き始めたキャラクターショーは宇宙戦隊キュウレンジャーに9回、仮面ライダーエグゼイドに3回、仮面ライダービルドに2回行ってきました。

キャラクターショーに行く目的はショーを見るのはもちろんですが、息子にはさらに大きな野望があります。

それはステージに呼ばれることです。

ステージに呼ばれる

キャラクターショーではショーの中盤に子供が3名ほどステージに呼ばれることがあります。私の感覚ではキャラクターショーの3分の2は呼ばれていると思います。

ストーリーとしては、主人公側と敵対するキャラクターが仲間を増やす目的などで会場の子供たちに声を掛けて選ばれた子供がステージに上ることができます。

敵側のキャラクターの仲間になるのだから人気がなさそうに思いますが、メチャクチャ人気があります。

ステージに上った子供は司会役のキャラクターの指示や進行に合わせて挨拶の練習をしたり、戦う訓練したりします。

そして最後に記念品を貰って観覧エリアに戻っていきます。

5歳の息子は宇宙戦隊キュウレンジャーで1回、仮面ライダーエグゼイドで1回、合計2回ステージに呼ばれました。

ステージに呼ばれるために

ステージに呼ばれるためには観覧エリアの前方を確保するほうがベターです。

3人の子供が呼ばれることが多いですが、そのうち少なくても1人は最前列の子供が選ばれている気がします。さらに多くの子供は3列目までで選ばれています。

3歳くらいの子供は可愛らしさで選ばれることもありますが、ある程度の年齢の子供になると元気のある子が選ばれます。

しっかりと手を挙げて、大きな声で「はーい!」って言えることが大切です。

あとは手作りのアイテムを持っていると選ばれやすい気がします。市販のグッズは多くの子供が持っているのであまり影響はないと思います。

狙い目のキャラクターショー

ショッピングモールなどのキャラクターショーはメチャクチャ激戦区です。

我が家も何回か行ったイオンモール鶴見緑地でのキャラクターショーの場合、11時からのショーでも8時30頃から並びだしたらすでに遅いです。

ショッピングモールなどの場合は告知もしっかりされているので、多くの人がキャラクターショーの存在を知っています。なので人が多く集まりやすくなっています。

一方、狙い目なのが住宅展示場です。

ショッピングモールとは違い開店前から並ぶ人はかなり少ないです。11時から始まるショーの場合、9時頃から並んでも最前列をキープできると思います。

また競馬場やボートレース場なども狙い目だと思います。子供が遊ぶエリアなどはマナーもしっかりと守られているので意外に安心して連れていけます。

準備するもの

場所取りのためのレジャーシートは必須です。必要最低限のスペースを確保できるサイズを用意しましょう。

ショーが始まるまで1~2時間待つ場合は時間を潰せるアイテムがあると便利です。我が家ではタブレットで映画を見たりゲームをしたりして時間を潰しています。

屋外の場合は帽子や水分補給のためのドリンクも用意しましょう。

キャラクターショーが終了すると写真撮影会もあります。スマホで撮るのもいいですが、デジカメがあるとよりキレイな写真が撮れます。

子供がステージに呼ばれるのは6歳くらいまでなので、息子のために少しでも呼ばれるように親としても努力をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする