[子供とお出かけ]阪神基地で行われたサマーフェスタに4歳の息子とお出掛け!

7月15日に今年3回目になる自衛隊のイベント「阪神基地サマーフェスタ2017」に4歳の息子と2人で出掛けてきました。

ちなみに今年1回目は「伊丹駐屯地 桜フェスタ2017」、2回目は「海上自衛隊 護衛艦「しまかぜ」 一般公開」です。

「阪神基地サマーフェスタ2017」の案内パンフレット。

阪神基地

予定では10時スタートに間に合うように到着する予定でしたが、色々な諸事情で到着したのは11時前になってしまいました。

金属探知機と手荷物検査を受けて会場に入らせて頂きます。

会場ではすでに海上自衛隊呉音楽隊の演奏が始まっていました。

航空自衛隊の装備を見ながら練習潜水艦「みちしお」の上甲板を見学できる列に並びます。

練習潜水艦「みちしお」

並んでいる途中に隊員さんに「練習潜水艦って何ですか?」と聞くと、隊員の練習のための潜水艦とのこと。実戦配備できるのかな?

上甲板の周りに張り巡らせている転落防止ネットは、一般公開などをするためにポールを指すところが用意されています。

見学は一瞬で終わりますが、最後に記念撮影をしてくれます。息子と仲良く撮って頂きました。

クジラの尻尾みたいですね。

潜水艦救難艦「ちはや」

圧倒的な存在感の潜水艦救難艦「ちはや」。大人気で並ぶだけで1時間以上の大行列です。息子は途中で飽きて大変でした。

艦番号は「403」です。

救命道具にも潜水艦救難艦「ちはや」の文字が描かれています。

艦内に潜入です。ドキドキワクワクです。

何やら大切そうなモノが壁に飾られています。これは一体なに?

潜水艦救難艦「ちはや」の歴代先任伍長。

そして、歴代艦長です。

艦橋にぱラッパは必須品です。

艦橋から見た「くろしお」たち。

パソコンは「EPSON」でした。

光をカチカチして知らせる装置。なんか楽しそうです。

お守りは金刀比羅宮でした。四国に行きたくなります。

この白いのは小型の潜水艦?これを使って救助活動をするのかな?

やっぱり自衛隊の艦船には日章旗が似合います。

後ろのデッキは広々とした空間。息子の通っている保育園の園庭よりも広くてノビノビできます。

しかし息子は歩くだけの見学に飽きて「ジュース飲みたい!」の連発です。これで艦艇の見学はお終い!

航空自衛隊装備

展示されていた装備です。

いつも思うのは、こんな兵器を争いもなく笑顔で見れることは本当に幸せなことです。

まぁこんなものが世の中からなくなる方がもっと幸せですが、まだまだ難しい世の中ですね。

その他

施設内にある自動販売機。一番高くても110円、最安値は80円です。

模型の展示もあります。息子と2人で興奮しながら見ていました。

お昼は私も息子もパスタを選択。私は「クリームパスタ&から揚げ」、息子は「パスタ&ソーセージ」。どちらも同じ500円なのにこのボリュームの差。

4歳の息子の感想

今回のサマーフェスタは息子が楽しめるモノが少なくてすぐに飽きてしまいました。

しかし最後に行った紙飛行機教室では大盛り上がり!家に帰ってからも何度も飛ばして遊んでいます。

今回、息子の目的は模擬売店でのくじ引きやスーパーボールすくいなどでしたが、それらが一切なかったのでダメだったみたいです。

サマーフェスタはもう少し大きくなった方が楽しめそうです。4才児には何が楽しいのか理解してもらえませんでした・・・うちの子だけ?

小学生以上になると「潜水艦見学」や「港内クルージング」などにも申し込めるので、それからのほうが楽しいかもしれません。

「潜水艦見学」、「港内クルージング」はどちらも事前申込みが必要なので行けるようになったら忘れずに申し込みたいと思います。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする