[子供とお出かけ]阪神競馬場に「宇宙戦隊キュウレンジャー」のキャラクターショーを見に行ってきた!

12月17日に阪神競馬場で行われた宇宙戦隊キュウレンジャーのキャラクターショーを5歳の長男と2人で見に行ってきました。

阪神競馬場

登場キャラクター

  • シシレッド/ラッキー
  • オオカミブルー/ガル
  • ヘビツカイシルバー/ナーガ・レイ
  • カメレオングリーン/ハミィ
  • カジキイエロー/スパーダ

お姉さん

今回の司会のお姉さんはこちらです。

以前、京都競馬場で行われた仮面ライダー1号などのキャラクターショーでも司会をされていたお姉さんです。

ストーリー

ショーが始まるとヘビツカイシルバーとカメレオングリーン、そしてカジキイエローがステージに登場します。

いつもはショーが始まると敵側のジャークマターが登場するパターンが多いので新鮮な感じです。

「ジャークマターがいないね」って話をしていたら、何やら陽気な声が聞こえてきます・・・。

「ダベー!ダベー!」と楽しそうにステージに登場したインダベー。まだキュウレンジャーたちの存在にも気付いていません。

しかし、すぐにキュウレンジャーたち存在に気付き戦いが始まります。

あっさりとインダベーを倒すと、さらに新たな敵(ツヨインダベー?)が現れます。

「楽しそうにしていた俺の大切なオモチャを・・・。」と、インダベーを倒したことに怒っているようです。

ツヨインダベーと戦いが始まります。

メチャクチャ強い・・・。3人のキュウレンジャーを圧倒します。

そしてカメレオングリーンが捕まり、「恥ずかしがり屋になれ!」と右手に組み込んだコントローラを操作しながら謎の光をカメレオングリーンに向けます。

すると、カメレオングリーンは急に「会場の子供たちが見ている・・・恥ずかしい・・・」と言ってステージの端に隠れてしまいました。

ヘビツカイシルバーとカジキイエローで攻撃を仕掛けますが、今度はカジキイエローまで捕まって「面倒くさくなれ!」と謎の光を向けられました・・・。

ツヨインダベーを追うようにヘビツカイシルバーとカメレオングリーンもステージをあとにします。


ステージにはクリンと名乗るジャークマターが登場。

何やら誰かと待ち合わせをしているといいます。

そこにシシレッドとオオカミブルーが登場します。

ジャークマターを発見して「よっしゃラッキー!」と早速、攻撃を仕掛けます。

ところがクリンはキュウレンジャーたちに攻撃をやめるようにいいます。

「私はただ待ち合わせをしているだけ! 見た目が悪いと誰にでも攻撃するのですか? 私が何かしたところを見たんですか?」とシシレッドに説教です。


「なんだか悪いことをしたな・・・」と反省するシシレッドとオオカミブルーです。

しかし「誰が悪人でないと言いました?」といって攻撃をしてきました。

そこに先程のツヨインダベーが登場です。彼の名前はダーティーでクリンが待ち合わせをしたいた相手でした。

クリンに対して「ガラが悪くなれ!」とあの光を当てると、クリンの性格が一変「お前が遅刻したせいで散々な目に合ったわぁ!」と凶暴に。

クリンとダーティーはシシレッドとオオカミブルーを一蹴してステージを去っていきました。

ステージに残されてシシレッドたちの元にヘビツカイシルバーが現れます。

「ラッキー、俺はどうしたらいい?」と困り果てているヘビツカイシルバー。

「ナーガ!もう疲れたよ、ラッキーも見つかったしオリオン号に帰ろうよ!」と面倒くさそうなカメレオンイエロー。

そしてまだ恥ずかしがっているカメレオンイエロー。


ダーティーの持つアイテムを破壊すれば2人がもとに戻ると考え、クリンとダーティーを探すことにします。

再びステージに現れたクリンとダーティー。「こんな星、さっさと破壊してしまおうぜ!」と声を上げます。


そこにキュウレンジャーが登場です。

面倒くさがりのカジキイエローと恥ずかしがり屋のカメレオンイエローは戦力外。シシレッドとオオカミブルー、ヘビツカイシルバーの3人で戦います。

しかし2人のジャークマターの攻撃で大ピンチに・・・

立ち上がっては倒され、立ち上がっては倒され・・・。

そこに会場の子供達から「ガンバレ!」という大きな声援が!


再び立ち上がるキュウレンジャーたち。

「スーパースター!シシレッド!」

「ビーストスター!オオカミブルー!」

「サイレントスター!ヘビツカイシルバー!」

「シノビスター!カメレオングリーン!」

「フードマイスター!カジキイエロー!」

「宇宙戦隊キュウレンジャー!」

まずはダーティーを4人のキュウレンジャーが戦います。

続いてはシシレッドとクリンの一騎打ち!

最後は必殺技「オールスタークラッシュ!」でフィニッシュです。

「グッドラック!」

最後は会場の子供達と「キュータマダンシング」を踊って楽しいキャラクターショーは終わりました。

感想

阪神競馬場はキャラクターショーの途中でステージに子供が呼ばれたりするコーナーはありません。

子供たちとのやり取りの時間がない分、ストーリーが深くなって楽しいです。

まぁステージに呼ばれたい息子は少し不満みたいですけど・・・

11時40分からのステージは最前列で見て、14時30分からのステージはかなり後方から見ましたが阪神競馬場の場合は後方から見たほうが全体を見渡せて楽しいかもしれません。

5ヶ月の次男ももう少し大きくなったら一緒に連れてきてあげたいですね。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする