[子供とお出かけ]堺区ふれあいまつりに「仮面ライダービルド」のキャラクターショーを見に行ってきた!

11月19日に堺区ふれあいまつりで行われた仮面ライダービルドのキャラクターショーに行ってきました。

仮面ライダービルドのキャラクターショーは今回で4回目です。

堺区ふれあいまつり

堺区ふれあいまつりは地域密着型のお祭りで子供が大好きなふわふわ遊具や親子で乗れる恐竜ライドなども用意されており子供が朝からたっぷりと楽しめるイベントです。

売店も地域密着価格でフランクフルトが100円だったり、うどん・そばが200円だったりありがたい価格で楽しめます。

堺方面ってあまり行ったことがありませんでしたが温かい人が多くて楽しめました。

仮面ライダービルドのキャラクターショーがなければ行くこともなかったの仮面ライダーに感謝です。

登場キャラクター

  • 仮面ライダービルド

お姉さん

今回の司会のお姉さんはこちらです。

今回はステージが360度全方位から見られているので大変そうでした。

ストーリー

いつもはお姉さんの紹介でショーがスタートするのに、今回は突然のガーディアンの登場から始まります。

そしてこれまた突然、後ろ姿で仮面ライダービルドの登場です。

何の説明もなく、いきなり戦闘が始まります。

ガーディアンを倒し去っていく仮面ライダービルド。

そしてここでお姉さんの説明が始まります。

お姉さんの説明が終わりショーが再開されると1人の男性が登場します。

自分のことを天才博士と説明して、発明品のコンテストに向かう途中で道に迷ったと説明します。

そこに謎の怪人が登場します。

さらにガーディアンまで登場します。先程の怪人はファウストのスマッシュなのか?

謎の怪人とガーディアンに襲われる博士。

そんな会場に「ベストマッチ!」「鋼のムーンサルト!ラビットタンク!」と大きな音声が流れます。

仮面ライダービルドの登場です。

博士に逃げるように支持をして謎の怪人との戦いが始まります。

謎の怪人の正体は社畜怪人。毎日2体のスマッシュをファウストに納品することが仕事です。この日は定時に帰ることを目標としていました。

仮面ライダービルドの登場で定時に帰れるか怪しくぞ・・・。

社畜怪人とガーディアンを倒したと思ったら・・・。

今度はスマッシュが登場。

スマッシュの猛攻に苦戦をする仮面ライダービルド。

ところが突然、スマッシュが頭を抱えて苦しみ逃げ出します。


仮面ライダービルドも一旦ステージを後にします。

誰もいなくなったステージに再び社畜怪人が現れます。とりあえず定時に帰りたいみたいです。

左手に持つ銃のような装置で「ネビュラガス」を直接注入することで、会場にいる子供をスマッシュにしようとします。これで定時に帰れるのか?

それを防いだのが仮面ライダービルド!

銃のような装置も破壊します!

そこに再び博士が登場します。眼鏡がないのは先の戦闘で壊れたから・・・。

今回も発明品のコンテストに向かう途中で道に迷ったと前回と同じ説明・・・何かおかしい・・・。

仮面ライダービルドは博士に逃げるように話します。

しかし博士が突然頭を抑えて苦しみます。

なんと博士は社畜怪人によってスマッシュにされてしまっていたのです。

ステージから離れていく博士。

それを知った仮面ライダービルドは社畜怪人に怒りをあらわにします。

しかし定時に帰るために本気を出した社畜怪人たちに大苦戦。

ピンチを迎えた仮面ライダービルドですが子供たちの「頑張れ!」の声援を受けて力を取り戻します。

そして必殺技で社畜怪人を倒します。

今度はスマッシュになった博士が仮面ライダービルドに襲い掛かってきます。

苦戦しつつも博士のためにスマッシュと戦います。

最後は必殺技でスマッシュも倒します。

スマッシュにされた博士からスマッシュの成分を吸収する仮面ライダービルド。

そこに再び博士が登場。また発明品のコンテストに向かう途中で道に迷ったと前回と同じ説明、記憶が混乱しているだけでもうスマッシュになることはありません。きっとこれからは素晴らしい研究をしてくれると思います。

最後に会場の子供達にサヨナラを告げて仮面ライダービルドはステージを後にしました。

感想

今回はいつもの仮面ライダービルドのキャラクターショートは違ったストーリーでとっても楽しめました。社畜怪人のアイデアはお父さんたちに大人気でした!

またいつものようなステージではなく、歩行者天国となった車道で行われたのでステージを中心に360度からショーが見れたのは面白かったです。


なんとか息子と最前列をキープできたので今回も迫力あるショーを楽しむことができました。

昨年は仮面ライダーエグゼイドのキャラクターショーをやっていたようなので毎年仮面ライダーのキャラクターショーが行われているのかもしれませんね。

我が家からは少し遠いですが、息子と二人で電車の旅を楽しみながら良い経験が出来ました。

来年は1歳になっている次男も連れてこれたら良いですね。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする