[子供とお出かけ]阪神競馬場に「宇宙戦隊キュウレンジャー」のキャラクターショーを見に行ってきた!

10月1日に阪神競馬場で行われた「宇宙戦隊キュウレンジャー」のキャラクターショーに5歳の息子と2人で行ってきました。

「宇宙戦隊キュウレンジャー」のキャラクターショーは今回で10回目です。月1回以上のペースで見てますね。

阪神競馬場

宇宙戦隊キュウレンジャーショー

開催時間:①11:25~・②14:20~

開催場所:スカイパークステージ

「宇宙戦隊キュウレンジャー」キャラクターショー終了後に撮影会もありました。

登場キャラクター

  • シシレッド
  • オオカミブルー
  • カメレオングリーン
  • カジキイエロー
  • サソリオレンジ

お姉さん

今回の司会のお姉さんはこちらです。

今回のお姉さんお元気いっぱいです!

ストーリー

今回のストーリーは8月11日に園田競馬場で行われたキャラクターショーと同じストーリーでした。ですが阪神競馬場のほうが会場が広いので迫力が違います。

ショーが始まるとジャークマターが登場します。右手には謎の拡声器を持っています。

先程の謎の拡声器の名称は「ビューティフル・ドリーマー」。この拡声器で言われたモノの姿になってしまう恐ろしいアイテムです。

早速、インダベーの姿を変えてみます。

「カメレオングリーン!」

カメレオングリーンに姿を変えられたインダベー。「ダベ!ダベ!」と元の姿に戻してもらうように訴えます。

「もとい!」

「もとい」と言われることで元の姿に戻ったインダベー。

そしてジャークマターは会場のお客さんをインダベーに変えようと「ビューティフル・ドリーマー」で叫ぼうとします。

そこに現れたのが・・・。

シシレッドです。

さらに、

オオカミブルーまで登場です!

早速、ジャークマターと対決です。

シシレッドもオオカミブルーも大活躍!

ところがここでオオカミブルーにまさかの事態が・・・。

なんと「ビューティフル・ドリーマー」でオオカミブルーがインダベーの姿に変えられてしまいました!

オオカミブルーはインダベーに姿を変えられ、さらにジャークマターにも逃げられたシシレッド。

とりあえずオオカミブルーのことをみんなに知らせようと走っていきました。

取り残されたインダベーの姿をしたオオカミブルー。

そこに現れたのが、

カメレオングリーンです。

何も知らないカメレオングリーンはインダベーの姿をしたオオカミブルーを攻撃します。

何とかカメレオングリーンを説得してオオカミブルーだと分かってもらいます。

その頃、サソリオレンジとカジキイエローがジャークマターと戦っていました。

劣勢になったジャークマターは一時退却をします。

そしてサソリオレンジとカジキイエローのもとにシシレッド、カメレオングリーン、そしてインダベーの姿をしたオオカミブルーが合流します。

とりあえずキュウレンジャーらしくポーズを決めていきます。

「スーパースター!シシレッド!」

「ポイズンスター!サソリオレンジ!」

「ビーストスター!オオカミブルー!」

「ない!ない!ない!」

他のキュウレンジャーから否定されて落ち込むオオカミブルー。

ステージには再びジャークマターが登場。

今度こそ、会場のお客さんがインダベーに姿を変えられそうです・・・。

そこにインダベーの姿をしたオオカミブルーが登場!

ジャークマターに自分が「ビューティフル・ドリーマー」を使いたいと説得して「ビューティフル・ドリーマー」を受け取ります。

そこに他のキュウレンジャーも登場!

オオカミブルーから「ビューティフル・ドリーマー」を受取り、オオカミブルーに向かって叫びます!

「もとい!」

ついに元に姿に戻ったオオカミブルー。

これで一気にジャークマターを倒しに行きます!

しかし、本気を出しだジャークマターは強かった!

ここで会場の子供達の応援が入ります!

パワーアップしたキュウレンジャーがジャークマターに再度挑みます。

元の姿に戻ったオオカミブルーも活躍!

そして最後は、

「オールスタークラッシュ」

ジャークマターを倒し、

「グッドラック!」

最後は会場の子供と「キュータマダンシング!」を踊って終了です!

感想

9時オープンの阪神競馬場、電車の乗り間違いなどで9時半頃に到着しても余裕で最前列でした。

今回はショーの途中に子供が呼ばれる部分はなかったので消化不良の息子でした。

ただ京都競馬場も園田競馬場も子供が呼ばれなかったので予想通りでした。

ショーが行われたスカイパークステージは阪神競馬場の端っこ。馬が見たい、フワフワで遊びたい、ミニ新幹線に乗りたいなどのワガママに応えていると結構疲れます。

次回からは競馬場のキャラクターショーは息子と2人で行くのはやめようかと本気で考え始めています・・・。

今回、ジャークマターが使用していた「ビューティフル・ドリーマー」というアイテム。その名前の由来は「うる星やつら」の映画でした。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする