年末年始の過ごし方を考える!そして変える!

あけましておめでとうございます。

年末年始は自分の実家と嫁の実家に帰省していました。

お互いの実家が頻繁に帰るほど近くない距離、私の実家が神戸で車で約1時間、嫁の実家が滋賀で車で1時間30分ほどの距離です。

年末年始にお互いの実家に帰省をするのが我が家の毎年の決まり事でしたが、来年以降は少し変更していこうと話しています。

年末年始の休み

今年の年末年始の休みは12月31日から1月4日までの5日間。

12月31日の午前中に私の実家に帰省して、1月1日の夕方には妻の実家に移動します。

1月1日の夜に妻の実家に着いて、1月4日の夕方に自宅に帰ってきました。

お互いの実家でのんびりと過ごすことができましたが、何か無駄が多いと嫁が気付きました。

実家での過ごし方

実家ではのんびりと1日1日を過ごしていました。

朝は普段よりもゆっくりと目覚めて、夜はいつもよりも早く寝る。

特に大きな目的もなく、その日を過ごしていました。

そうなんです。

1年に1度の5連休という大型連休を目的もなく過ごしていたのです。

これは非常に勿体無いことです!

お正月くらいのんびり過ごすのも大切かもしれませんが、我が家にとっては貴重な大型連休ですのでもっと有意義に使わないと!

そこで来年以降はこれまでと違った年末年始を過ごしたいと思います。

お互いの実家に帰らない

来年以降はお互いの実家に帰らずに、どちらかの実家にだけ帰るようにしていこうと思います。

年末年始に帰らなかった実家には翌週などに帰りたいと思います。

そうすることでお互いの実家を慌てて移動する時間などを大事に使えると思います。

また両親と旅行に行ったりなどもできると思います。

年末年始は旅行代が高いですが早めに予約するなどをしてお得に親孝行を楽しみたいと思います。

当たり前だと思わない

我が家では毎年の恒例行事としてお互いの実家に帰省することが当たり前だと感じていました。

でも、それを当たり前だとして何も考えずに過ごすことはダメですね。

当たり前だと思っていることでも違った見方をすればもっと楽しいことがあるかもしれません。

今回は年末年始の過ごし方を嫁が疑問に感じて、我が家の当たり前を来年以降は変えていこうということになりました。

1年のスタートとしては「新しい発想」を感じることができてよかったと思います。

2018年はこうした「当たり前」を見直してより楽しく、よりお得に過ごせるような年にしたいと思います。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする