仮面ライダーオーズを全話視聴しました!

今年の初めに仮面ライダーWを全話見終わり、次に見始めたのが仮面ライダーオーズでした。

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL

仮面ライダーオーズを見るきっかけとなったのが昨年末に5歳の息子の希望で観た「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」でした。

放送中の仮面ライダービルドは毎週見ているので知っています。

仮面ライダーエグゼイドは私が仮面ライダーを見るきっかけになった作品。最初からは見ていませんが途中からのストーリーは知っています。

しかし残りのレジェンドライダー、仮面ライダーゴースト、仮面ライダーフォーゼ、仮面ライダー鎧武、仮面ライダーオーズは全くと言ってもいいほど知りませんでした。

特に仮面ライダーオーズは前売り券を買った時に一緒に貰ったパンフレットを見て「仮面ライダーと変身する人の数が違う?」と不思議に思っていました。

それを息子に聞くと、「アンクがおるから!」と教えてくれますが意味が分かりません。

「仮面ライダーWみたいに2人で変身するの?」と聞くと「違う!右腕や!」とさらに意味が分かりません。

「仮面ライダーオーズの右腕がオーズなん?」と聞くと「違うわ!右腕だけの人や!」と・・・話が通じない。

結局、当時は何も分からずに映画を観ることになりました。

そして映画でアンクが登場して映司にメダルを投げますが、その当時はその感動的なシーンの意味が全くわかっていませんでした・・・

もちろん息子の言う「右腕の人」の意味も何も知らずに映画を見終わりました。

仮面ライダーオーズ/OOO

仮面ライダーWを全話見終わり、次に手を出したのが「仮面ライダーオーズ」です。

映画で意味の分からなかった右腕の人の正体がどうしても知りたくなったからです。

右腕の人の正体は見始めてすぐに分かりました。

そして最後まで見終わってから、この話を映画を観る前に見なくて良かったと思いました。

だって見ていたら息子の隣で泣いていたかもしれないから・・・

火野映司&アンク

仮面ライダーWの左翔太郎とフィリップの2人は最高のパートナーだと仮面ライダーWを見終わった時に思いましたが、個人的には火野映司とアンクの2人はそれを上回る関係だと思います。

最初はお互いを牽制していた映司とアンク。徐々に不思議な信頼関係が生まれ、最後には欲求を満たしてしまったアンク。

本当に素晴らしい作品でした。

また脇を固める後藤ちゃん、伊達さん、里中さん、鴻上会長も魅力的でした。

グリードの面々、そして真木博士と敵キャラクターもいろんな思惑があり考えさせられます。本当に人間の欲求って何なんだろうって思いますね。

そして比奈ちゃんの優しさによってアンクと映司は支えられたと思います。

仮面ライダーは子供の番組と思っていましたが、平成ライダーは大人が見ても本当に楽しめる作品が多いですね。

次はどの作品を見るか・・・また見終わったら感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする