愛用のミラーレス一眼カメラ「PEN Lite E-PL3」が故障!早速修理に出しました!

私が普段使用しているカメラはオリンパスの「PEN Lite E-PL3」というミラーレス一眼カメラ。

週末は息子の写真やお出かけの記録などに使い、平日は会社で商品の撮影などに大活躍の愛用のカメラです。

その大切なカメラがいきなり調子が悪くなりました。

OLYMPUS PEN Lite E-PL3

2011年に発売され、我が家が購入したのは2013年頃。そろそろ買い替えを考えていたら調子が悪くなりました。

症状は「非常に明るいポイント以外ではピントが合わずにシャッターが押せない」。

ボディに問題があると思い何度も設定をリセットしてみたが問題は解決しません。仕事に必須のアイテムなので仕方なく修理を決心します。

オリンパスのホームページにアクセスして【カメラ・オーディオ製品 | 修理について】から修理の依頼を申し込みます。

しかし、申込後にあることに気づきました!

中古のボディを購入したほうが修理代より安いのでは?

早速中古をネットで探してみると「OLYMPUS PEN Lite E-PL5」のボディ単体が新品同様で約2万円で販売しています。

修理代によってはこちらを購入したほうが良いのでは?と考えて改めてオリンパスに電話をしてみます。

故障の原因はレンズ?

カスタマーサポートセンター(0570-073-000)に電話をします。

私「すいません。明るいところ以外ではピントが合わなくて撮影ができません。修理代はいくらくらいになりそうですか?」

ここで意外な一言が飛び出します。

コールセンター「お客さま、それはボディの故障ではなくてレンズの故障の可能性が高いです!」

ボディの故障と思い込んでいた私には衝撃の一言です。

コールセンター「レンズのカバーを両方とも外していただいて、覗き込んで頂けますか?」

言われるままにレンズカバーを外して覗き込みます。

コールセンター「穴の大きさはどれくらいですか?」

私「1~2ミリくらいです。」

コールセンター「穴の形は丸ですか?」

私「いや、六角形ですよ。」

コールセンター「やはり、レンズの故障だと思われます。お手数ですがボディとレンズを送ってください。」

私「修理代はいくらくらいですか?」

コールセンター「修理代は8,000円から1万2,000円くらいだと思います。」

コールセンターの方の説明ではレンズの故障で、修理代は実物を見ないと断言はできないけど8,000円から1万2,000円くらいとのことです。

OLYMPUS PEN Lite E-PL5」の中古のボディを購入してもレンズの故障なら仕方ないので諦めてレンズの修理をお願いしました。

発送から修理完了まで

故障したその日、4月18日にボディとレンズをプチプチで包んでゆうパックにて発送しました。

発送後に気付きましたが、ボディの故障だと思っていたのでオリンパスのホームページで修理依頼を出した際にボディのシリアル番号しか登録していなかったです。

翌日の4月19日に10時30分頃にオリンパスに到着。この日はオリンパスから連絡とかはありませんでした。

4月20日もオリンパスからは連絡はありませんでした。ホームページで修理状況を確認しても「修理進行状況:申込み完了」となったままでした。

4月21日、オリンパスから連絡がありました。修理代は送料込みで10,800円とのことで、そのまま修理を依頼しました。4月27日までには修理を終わらせて発送してくれるとのことです。

22日、23日は土日だったのでオリンパスはお休み。24日には修理完了の連絡があるかなと思っていましたが特に連絡はなく26日になりました。

これは当初の「27日までに発送」の言葉通り、27日に修理完了の連絡がありそうです。

早く無事に帰ってきてくれることを祈っています!

無事に4月28日に戻ってきました!

特にオリンパスから「修理が完了しました」って連絡がなくて、運送会社から「代引きの荷物です!」って突然届いたので驚きました。

修理内容はレンズの「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」の修理で、絞り機構部を含む鏡筒部分の交換とのことです。

当初、10,800円と伝えられていた修理代はフォトパスのスタンダード会員になったことで10%オフとなり9,828円でした。

良かった良かった!

スポンサーリンク
マネフリ(1)
マネフリ(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする